So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

きゅんぱち の建物探訪(笑)…東京都庭園美術館をゆく♪

あのォ、本題に入る前に恐縮です。

語ればグチになるんですけどもね(苦笑)。
Facebookをはじめとした他のSNSの方がソネブロより扱いやすいと痛切に感じる瞬間…

screenshot_1236.png

この通知、見るたびにムカつくんですケロー(爆)。Facebookならこんな制限ないっすから。
これから載せようとする画を全部Photoshopでリサイズかけなきゃ((泣))。
面倒くさいけど仕方がない、頑張りまっす!
オリジナルサイズをご覧になりたい方はFacebookの きゅんぱち の小部屋へどうぞ。

https://www.facebook.com/kyunpachi

というところで(笑)本題へと参りましょうか。

時間ができると、高所から遠景を望むべく展望スポットに登るか、あるいは芸術を崇めに奔走するか、はたまた「いきなり!ステーキ」にてワイルドステーキをワンポンド平らげるか、の三択が習慣となりつつあるようで…(苦笑)。
東京は港区白金に、新宿・渋谷・池袋のオフィスビルやタワマン(タワーマンションのことね・笑)から六本木・赤坂それに芝公園の東京タワーときてチョイと彼方に東京スカイツリーの上半分が一挙に見渡せるというスペシャルに贅沢な展望スポットがあって、こんど画を撮れたらここに掲載できればと思うんですが、なかなかセキュリティが手強いところでもあるんで機会があれば素晴らしい夜景を…、とさせていただきます(笑)。

さてさて撮影した2018年2月中旬というと、激寒がつづくなか、ワリと小春日和でしたねぇ。
そろそろ咲き出すかな、といったところ。

IMG_0266.jpg

同じ東京は港区の白金台にある美術館へ、探訪してきたんです。

IMG_0251.jpg
東京都庭園美術館ですよ。
園内に入りますと、武蔵野の面影を今に残す景観が印象的。

IMG_0253.jpg
旧朝香宮邸から吉田茂政権時の総理大臣仮公邸、西武鉄道白金プリンス迎賓館、プリンスホテル本社として利用された後、都立美術館の一つとして一般公開され今に至るのだそうですが、見事に都会の喧騒を忘れさせてくれます。

IMG_0254.jpg


車寄せが宮廷を想わせますよね。

IMG_0256.jpg

こちらが本館で次が新館。

IMG_0257.jpg


庭園というからには建物に入る前にエクステリアを観て周ります。


IMG_0278.jpg


案内板がガラス板で仕立ててあります。
日本庭園を右手に見て左側が芝生広場、こちらから先に歩いてみました。

IMG_0255.jpg
何やら造形物があります。


IMG_0279.jpg


大理石でしょうか。

IMG_0280.jpg

お昼時ですのでお外でゴザ敷いてお弁当も格別でしょう。
グルっと回ってから日本庭園エリアへ。

IMG_0265.jpg
お池の鯉もお昼時?

IMG_0268.jpg
ほぼ全開のお花も…(撮影:2月中旬)。

IMG_0274.jpg

むかしばなしに出てきそうな歩野慕野とした風景ですね。

IMG_0260.jpg
茶室「光華」のお入り口。

IMG_0263.jpg

芝刈りにいくおじいさんが出てきそうな気配?(笑)

IMG_0271.jpg

植栽の手入れがバツグンに良好ですね、歩いて回るのが愉しいですよ。

IMG_0272.jpg


お池を跨ぐ橋。

IMG_0273.jpg

橋の上から本館方面を望む。
茶室「光華」の遠景。

IMG_0275.jpg

以上が日本庭園エリアでした。


IMG_0299.jpg


美術館の館内へ参りましょう。

IMG_0298.jpg

アーチがなかなかいいですね。


IMG_0301.jpg
エントランスのアーチから中庭の剪定も程よく施された植栽が素晴らしい

IMG_0282.jpg
芝生がきっちり刈り取られている

IMG_0283.jpg
新館への連絡通路

IMG_0284.jpg
本館から新館のショップエリアを望む

IMG_0285.jpg


淡い照度の天井照明ですが凝った彫込がいい感じ

IMG_0287.jpg
渋いねぇ〜♪

IMG_0288.jpg
この部屋を廊下側から眺めるとまた重厚感のある体裁がいい感じ


IMG_0289.jpg



廊下の意匠も凝っていて和み漂う


IMG_0291.jpg


「円」を組み合わせた意匠が、寒色系の壁に囲まれた空間であるにも関わらず、温かみを感じさせますよね。


IMG_0293.jpg
シャンデリアの付け根から天井に広がる円形の意匠がいい感じ

IMG_0294.jpg
天井に広がる円形の意匠、コレはこの建物の特筆すべきキーワード



IMG_0295.jpg



こちらもなかなか凝った意匠

IMG_0296.jpg
一枠一枠が凝った造り



IMG_0297.jpg



館内順路の最後に振り返ってみた光景

IMG_0298.jpg
再びエントランス

崇高な意匠をじっくり見て回りました。
拙方は目の保養になりましたねー♪

興味を持たれましたら、東京都庭園美術館へ是非足を運んでみてくださいませ。

nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。