So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

酒は飲むとも飲まれるな…「勝谷誠彦の××な日々」無期限休載

10月20日(土)。
 東京地方の今日明日は薄曇りから晴れ上がって、行楽日和となりそうですね。
 最近は早起きを敢行(苦笑)のワタクシ。
 今日は午前中から東京・立川にある国営昭和記念公園で開催中の肉フェスへ、よしゃぁイイのにからに(大苦笑)、ニクニクしくガッツキに出掛けようと身支度していました。
 9時前に、毎朝楽しみにしている


が届いていたので早速閲覧。
 パッと題名を眺めて悪い予感がしたんですが、本文を読み進めて絶句。
 カツヤさん本人ではなく、編集発行人の高橋ヨロンさんのお書きになった文面でした。
 内容は有料配信メール「勝谷誠彦の××な日々」の無期限休載とその経緯でした。
 巷間、新聞報道にもあったように、カツヤさんは劇症肝炎を患い2018年8月下旬に緊急入院。
 カツヤさん御本人の若さ、そして高橋ヨロンさんやT-1さんに実弟であられる勝谷友宏先生をはじめとする昨年の兵庫県知事選でも活躍した「チーム勝谷」のチームワークをもって驚異的な快復を見せ、10月9日に退院。
 入院中からカツヤさん御本人の文章による配信が再開され、その冴え渡る文面も劇症肝炎罹患前の痛快無比な威勢が絶好調でしたから、ひと安心といったところ。

 ココまでは良かったんです。

 もともと多酒呑みのカツヤさんなだけに、断酒敢行できるのだろうかと拙方も読者として心配ではありました。
 というのも、10月16日の配信内容ではどう逆立ちしてもアルコール依存症の禁断症状を呈した、感情が破綻したような文面になっていたんですね。
 昨日10月19日配信分ではミスタイピングが随所に見られはじめ、意味不明というよりは解読する楽しみが増えたような(?)迷文になってしまってました。
 退院後の検査数値でアルコール摂取が明るみに…というか、バレてしまったようです。
 さすがに編集発行人の高橋ヨロンさんも対応に苦慮されたのでしょう、カツヤさんご本人と無期限休載を決定された次第。

 カツヤさん、痛恨の極みだったろうに。

 アルコール依存症は治りにくいと聞いたことがあるので本当のところはどうなのか調べてみますと、独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターのサイトに辿り着きます。
 院長の樋口進先生はアルコール依存症治療の名医といわれ、わかりやすい書籍を多数執筆されておられます。

新版 アルコール依存症から抜け出す本 (健康ライブラリーイラスト版)

新版 アルコール依存症から抜け出す本 (健康ライブラリーイラスト版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 ここで高齢者コースとなると3ヶ月間の入院となるそうでありますが、ともあれ、肝性脳症とアルコール依存症からの生還を願いたいところであります。

nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。